建築と庭園の芸術 杭州 アット ウェストレイク、中国

   
January 15, 2019,
Hangzhou at West Lake, China

杭州を散策すると、まるで中国の美しい水彩画の世界を歩いているような気分になります。南宋時代(1127年~1279年)の首都である杭州では、柳に縁取られた西湖(せいこ/ シーフー)、霧が漂う山の斜面に連なる茶畑、その間に点在する古代の仏塔などが、皇帝や詩人、芸術家、哲学者を何代にもわたって魅了してきました。

ユネスコ世界文化遺産である杭州の有名な西湖のほとりにあるフォーシーズンズホテル 杭州 アット ウェストレイクは、杭州の華やかな歴史を体現し、21世紀のラグジュアリーと心からのおもてなしでお客様をお迎えします。

フォーシーズンズホテル 杭州 アット ウェストレイクは、中国の皇帝と皇后のために建てられた優雅な隠れ家のような印象を与えます。中国南東部の伝統的な建築様式を採り入れたこのリゾートは、滞在されるお客様に古代杭州の特権階級だけに許された特別なライフスタイルを体験する機会を提供します。

灰色の瓦を載せた左右に伸びる翼のような屋根と白塗りの壁の建物は、中国南東部の建築の特徴であり、杭州の至るところで見ることができます。その精巧なルーフラインは、フォーシーズンズホテル 杭州 アット ウェストレイクの特徴でもあり、華やかさと落ち着いた雰囲気の両方を兼ね備えています。その屋根は、建物内部から見ても壮観です。高い天井を見上げると暗色の木の梁が組み込まれ、伝統的な職人技による時代を超越した美しさを目にすることができます。

ホテルのレイアウトは、伝統的な中国の庭園デザインと対称性が鍵となる「風水」の哲学に従っています。湖畔のインフィニティプールと庭園を見渡す場所に位置する壮大な中央パビリオンに入ると、両側にレジデンシャルウイングが広がり、客室、レストラン、ウェルネス施設へと続いています。各施設には安らぎをもたらす庭園や築山、小川や滝が配置されています。多くの客室にはオープンテラスのサンルームがあり、湖、庭園、森林の景色を見渡すことができます。

このホテルの設計で最も重視したのは西湖ほとりの庭園です。伝説の湖である西湖の一部を特権的に独り占めすることができます。印象的なウォーターガーデンの中央にはインフィニティプールがあり、芝生の道を通って直接桟橋まで行くことができます。

屋外へは湿地に植えられた柳、松、楓、竹の茂みの中に蛇紋石が敷き詰められた通路を通っていくことができます。この通路の屋根の複雑な格子梁には中国の職人の手によって彫刻が施され、内側には豊かな色彩で伝統的な模様が描かれています。この通路を進むと、その先には豪奢な古代中国が広がっているような気持ちになり、その心躍る体験はこの地の思い出とともにいつまでも記憶に残ることでしょう。



PRESS CONTACTS
Gillian Yan
Public Relations and Communications Manager
5 Lingyin Road
Hangzhou, 310013
China