Back

京野菜を使ったサステナブルな一皿「ORIGAMI」を含む夏メニューを7月1日より提供

数々のミシュラン星付きレストランを経験した料理長・古賀がお届けする、南フランスを感じる夏のコース

June 29, 2022,
Kyoto, Japan

フォーシーズンズホテル京都(所在地:京都市東山区妙法院前側町、総支配人:岸 琢也)内レストラン「ブラッスリー」では、数々のミシュラン星付きレストランを経た料理長・古賀隆稚が手がける夏のコースを、ランチ、ディナーともに2022年7月1日(金)~9月11日(日)までの期間限定でご提供いたします。

彩り・味わいともに清涼感あふれる夏のコースには、古賀が渡仏中に出会った南フランスの料理をメニューに取り入れながら、400年の歴史を持つ京野菜農園・樋口農園の畑にシェフ古賀が自ら出向いて収穫した野菜で再現したラインナップを多数ご用意しました。

前菜には、古賀のスペシャリテ「ORIGAMI」を夏らしく清涼感溢れるアレンジでご提供いたします。新鮮なイカのソテーに、400年の歴史を持つ京野菜農園・樋口農園の採れたての完熟トマトのマリネを和え、色鮮やかなジュレを散らした夏の水辺をイメージした一品で、清涼感のあるグラニテをお客様の目の前でおかけし爽やかに仕上げます。サイズ不良や規格外などで市場には出回らない野菜をあえて使用することで、フードロスに配慮。味わいはそのままに、地球にも優しいサステナブルな一皿をお楽しみください。

魚料理では「とある日のお魚料理」と題し、2週間を目処にメニューを変更し、その時々でもっとも美味しいお魚をご提供いたします。一例として「イサキのソテー ピペラードと生ハムとともに」では、夏に旬を迎えるイサキをふっくらと焼き上げ、ピペラードと呼ばれる、赤と黄色のパプリカを長時間煮込んだフランス・バスク地方の伝統的な野菜料理に、生ハムを添えました。夏野菜の旨味と生ハムの塩味のバランスが楽しめる、「食べるソース」で仕上げた一品です。

また「太刀魚のベーニエ バジルとサフランの二種のソース」は、香ばしく焼き上げた太刀魚のベーニエに、芳醇なサフランと爽やかなバジルの香りのマリアージュが印象的な一皿。黄色と緑のコントラストも美しい、南仏の定番スパイスを使用した夏らしい一皿です。

日中は眩しい夏の緑が、夜にはライトアップが美しい館内の日本庭園「積翠園」の眺めも「ブラッスリー」の魅力。リゾート感あふれる上質な空間で、選び抜かれた夏の食材をゆっくりとご堪能ください。

レストラン「ブラッスリー」 夏のコース

期間:
2022年7月1日(金)-9月11日(日)

時間:
ランチ 11:30-14:30、ディナー17:30-21:00

料金:
ランチ 9,800円、ディナー 16,000円

*料金はサービス料15%、消費税10%を含めた価格です。

メニュー:

ランチ

  • 前菜:シェフ古賀のスペシャリテ「ORIGAMI」イカ レモンピュレ ズッキーニ
  • スープ:樋口農園のトマトを使ったガスパチョ
  • 魚料理:本日のお魚料理
  • 肉料理:オーストラリア産仔羊のロースト マジョラム フェタチーズ
  • デザート:トロピカルフルーツマリネ ハーブグラニテ クレームダンジュ
  • コーヒーまたは紅茶

ディナー

  • 前菜:シェフ古賀のスペシャリテ「ORIGAMI」イカ レモンピュレ ズッキーニ
  • リゾット:京都産きぬひかりのリゾット 天使の海老 パプリカ
  • 魚料理:本日のお魚料理
  • 肉料理:シェフのスペシャリテ 国産牛フィレ肉のロースト ブラータチーズ トリュフソース
  • デザート:サマーフルーツ グレープフルーツムース サルサヴェルデ 
  • コーヒーまたは紅茶

お問い合わせ・ご予約:レストラン「ブラッスリー」 075-541-8288 (代表)