Back

フォーシーズンズ、706ミッションストリート社と提携により サンフランシスコの中心にラグジュアリーな単独プライベートレジデンスを開業予定

新築タワーと歴史的なアロンソンビルディングが共存するユニークな設計のレジデンスにより拡大を続ける芸術文化地区イエルバブエナのレジデンシャルマーケットを強化
November 30, 2018,
Toronto, Canada

世界のラグジュアリーホスピタリティ業界をリードするフォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツと、ウェストブルックパートナーズ(Westbrook Partners)傘下の706ミッションストリート社(706 Mission Street Co LLC)は、サンフランシスコ中心の活気溢れるイエルバブエナ芸術文化地区の706ミッションストリートに、146戸のプライベートレジデンスを建設することを発表しました。2020年に完成予定の「フォーシーズンズ プライベートレジデンス アット 706ミッションストリート, サンフランシスコ」は、広々とした生活空間と際立つエレガンス、そしてフォーシーズンズの定評あるパーソナルサービスを提供します。

このプロジェクトは、フォーシーズンズの単独ラグジュアリープライベートレジデンスコレクションの最新施設で、近隣に建つフォーシーズンズホテル アンド プライベートレジデンス サンフランシスコと共に、より一層フォーシーズンズの存在感を確固たるものとします。このプライべートレジデンスの居住者には、フォーシーズンズのアメニティとサービスが提供されます。フォーシーズンズは、初めての単独プライベートレジデンスをロンドンのトゥエンティ グロブナースクエアに開業し、次いで、ロサンゼルスマラケシュ、そして、サンフランシスコはそれに続くプロジェクトです。

サンフランシスコでのラグジュアリーな生活

この単独プライベートレジデンスは市の文化地区の中心に位置し、サンフランシスコ近代美術館、現代ユダヤ博物館、イエルバブエナ芸術センター他、多くの文化施設にもほど近く、ジェシースクエアを見おろす45階建てと10階建ての2棟で構成されます。

フォーシーズンズ プライベートレジデンス アット 706ミッションストリート, サンフランシスコは、歴史的なアロンソンビルディングをその一部として組み込むことで現存する建物を保存し、一部のフロアを文化博物館に提供することで、サンフランシスコを代表する建築物の1つとなるでしょう。

ワールドクラスのエレガンスと洗練を極め、本物の歴史的建造物と現代的なイノベーションを対照的な2つのタワーとして巧みに共存させるこのプライベートレジデンスは、イエルバブエナ地区に残る最後の建設可能な土地に建設されます。

「706ミッションストリート社と提携して、カリフォルニアで2軒目の単独プライベートレジデンスを開業できることを大変嬉しく思います」とフォーシーズンズ ホテルズ アンド リゾーツのレジデンシャル部門 担当プレジデントのポール・ホワイト(Paul White)は述べています。「この素晴らしい街で、ゲストと居住者の皆様にフォーシーズンズで暮らすことができる新たな場所をご提供できることを楽しみにしています。広々としたレジデンスは、フォーシーズンズの定評のある卓越したラグジュアリーとワールドクラスのサービスとアメニティを兼ね備えたものになるでしょう。サンフランシスコ、ボストン、マイアミ、ニューヨークなど、レジデンスと宿泊という双方を提供しているロケーションにおいて、当社は大きな成功を収めています。フォーシーズンズを日々の生活の一部とするゲストの方々、そしてレジデンス居住者の皆様におけるコミュニティを作り上げています」と述べています。

706ミッションストリートについて

新たな45階建て、510フィート(約155m)のタワーを建設、開発および販売するのは、世界各地で営業所とプロジェクトを展開する総合不動産投資管理会社であるウェストブルックパートナーズ傘下の706ミッションストリート社です。706ミッションストリート社は、有名なアロンソンビルディングの隣に、この新たなタワーを開発および建設し、サードストリート側にプライベートドライブコートを設けます。石材とガラスで建設される新築ビルは、ダウンタウンとサンフランシスコ湾を一望できる146戸の広々としたレジデンスを擁します。1903年に建設された歴史的なアロンソンビルディングは、このプロジェクトの一環として全面的な修復と用途変更が行われます。主要なリノベーションは、木枠窓の改装、テラコッタ素材の補修、天井スラブの内部構造の視認性を高めることです。

プロジェクトの設計を担当するハンデルアーキテクツ(Handel Architects)の主幹、グレン・レスカルボ(Glenn Rescalvo)氏は、「新築ビルと歴史的建造物を並置する試みは、様々な建築の機会をもたらしました」と述べています。「私たちは広々とした個性豊かなレジデンスを設計できる機会を生かし、1フロアの戸数を減らし、より多彩な間取りが選択できるようにしました。これらのレジデンスはコンドミニアムの住戸というより、戸建ての注文住宅に近いものです」。

706ミッションストリート社のマシュー・ケニー(Matthew Kenney)氏は、「フォーシーズンズの唯一無二のラグジュアリーを、サンフランシスコの誉あるこの場所で実現できることを誇らしく思います」と述べています。「サンフランシスコは目覚ましい速度で発展を続けるワールドクラスの都市であり、フォーシーズンズの単独プライベートレジデンスが加わることで、比類のない体験を提供できるでしょう」。

オーダーメードのパーソナルな設計

設計上の基本方針は、ドラマチックな玄関ホール、床から天井までガラス張りの2面以上の壁を擁する雄大なコーナーリビングルーム、独立したダイニングエリア、隣接していながらプライバシーが守られるインフォーマルなファミリーエリア、各住居の中心として機能する大型キッチン、息をのむような眺望のマスターベッドルーム、明るく広々としたマスターバス、ホームオフィス、バス付きのゲスト用ベッドルームを備えることです。ほとんどのレジデンスは2,800~4,000平方フィート(約260~372平方メートル)以上であり、それぞれ2室~4室のベッドルームを備えています。

パーソナル化重視の観点から、キッチンは、購入者の希望に合わせてリビングエリアと一体化、もしくは、壁で仕切られた独立したスペースにすることもできます。ペントハウスについては、設計仕様を指定できる「スケルトン分譲」も可能で、購入者の希望どおりのレジデンスを作り上げることができます。各戸ともマスターバスは5ピースバスで、最高級の電化製品と家具および大理石製のカウンターが含まれています。

居住者は、ビルの5階にあるアメニティ施設も利用できます。居住者専用のこのスペースには、フィットネスセンター、バーと暖炉が設えられたラウンジ、プライベートダイニングおよびテイスティングルーム、植栽付きの屋外テラスがあり、レジデンスオーナーとそのゲストたちによる洗練されたコミュニティの親交の場となります。

706ミッションストリート社について

フォーシーズンズ プライベートレジデンス アット 706ミッションストリート, サンフランシスコは、ウェストブロックパートナーズの傘下にある706ミッションストリート社が開発および建設します。

フォーシーズンズ プライベートレジデンスについて

1985年以来、ブランドレジデンスをリードしてきたフォーシーズンズは世界中に39のプライベートレジデンスを運営しています。今後予定されているフォーシーズンズのプロジェクトの4分の3がレジデンス事業を含んだプロジェクトとなる予定です。フォーシーズンズのすべてのレジデンスでは、フォーシーズンズの優秀なスタッフと最高のサービスはもちろん、スパサービス、各レジデンスへのケータリングサービス、ハウスキーピング、コンシェルジュサービスなど、ホテルゲストと同様のアメニティが提供されます。



PRESS CONTACTS
Sarah Tuite
Senior Director, Corporate Public Relations
1165 Leslie Street
Toronto, Ontario M3C 2K8
Canada